昨年、世間を賑わせた働き方改革関連法ですが、だんだんと施行時期が迫ってきています。皆様、対応は進んでいますか?

 働き方改革関連法とは、正式名称を「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」と言い、2018年6月に可決・成立しました。

同法による主要な変更点は、 

 ① 時間外労働の上限規制の強化

 ② 年次有給休暇の付与義務の導入

 ③ 高度プロフェッショナル制度の導入

 ④ 安全衛生の強化

 ⑤ 不合理な待遇差の是正(同一労働同一賃金)

となっています。

 

 変更点の内容を一つ一つ解説することは、分量の都合で差し控えますが、上記のうち、②③④は適用開始時期が2019年4月となっています。また、①も、大企業は2019年4月から(中小企業主は2020年4月から)適用が開始されることになっています。
 これらはあと3ヶ月程度で制度が始まりますので、早めに対応を考える必要があります。

 ⑤は、2020年4月から(中小企業主に対する一部の適用につき2021年4月から)適用開始となっていますが、改正点の中で最も対応に手間がかかると予想されるため、こちらについても、方針を検討する等の動きをスタートすることをおすすめします。

 

 現在、働き方改革関連法の施行に向けて、厚生労働省がリーフレットを出すなどして周知を進めています(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322_00001.html)。これらのリーフレットを参考にしたり、専門家を活用したりするなどして、スムーズに働き方改革関連法への対応を完了させましょう!