ビットコインですが、その後、長らく、1BTC=40万円割れの状態となっていましたが、218日頃から上昇を始めて1BTC=40万円を突破し、現在(2019219日)、1BTC=42万円で推移しています。


さて、最近の仮想通貨・ブロックチェーン関連の動きとしては、ブロックチェーンゲームないしDapps(Decentralized Applications)ゲームと呼ばれるものが気になっています。


これは、要するに、ブロックチェーンを用いたゲームです。もともと、ブロックチェーンは、台帳技術であり、資産の移転の記録を得意としていますが、それをゲームの世界に応用してやろう、という訳です。

具体的に、どのように応用するか、というと、ゲームキャラクターが成長するようなタイプのゲームがイメージしやすいですが、例えば、RPGゲームなどで、

 ・自分が操るキャラクターが

 ・ゲームを通して(敵との戦いを経験するごとに)成長し、

 ・成長度合いに応じて、技の攻撃力や、HPなどが上昇してゆく

 ・また、ゲーム中に、武器等のアイテムを発見し、それを用いることによって
  キャラクターの攻撃力が上昇する

 

といった類のゲームで、

 

 そのキャラクターやアイテムを、イーサリアムなどのブロックチェーンを利用して管理する

 

といった仕組みが考えられます。

 

普通のゲームと何が違うかというと、(様々な違いがありますが)やはり、一番大きなところでは、ブロックチェーンを使っているがゆえに、ユーザー間で、キャラクターやアイテムの直接売買が容易になる、といった点が挙げられるように思います。

 

つまり、ブロックチェーンをゲームに応用すれば、

 ・ゲームをプレイして、キャラクターを成長させ(攻撃力などを上昇させ)、
  また、アイテムをゲットし、

 ・そのキャラクターやアイテムを他人に売る

ことが、技術的に可能・容易になるのです(逆に、キャラクターの攻撃力を上昇させるために、時間を使いたくない人は、お金を出して、販売されているキャラクターやレアなアイテムを買う人もいるでしょう。)。

 

別の言い方をすれば、

 ・ゲームを通じて、一種の成果物(攻撃力の高いキャラクター)を作成し、
  あるいは、珍しいアイテムを取得して、それを売却する、という取引

が容易にできるようになるわけです。

 

もっと別の言い方をすれば、ゲームに使った時間をお金に変えることが容易になる、ともいえます。


こうなってくると、ゲームをプレイして儲けを上げることもできてしまいます。頑張ってゲームをプレイして、キャラクターの攻撃力を上げたり、レアなアイテムをゲットして、それを売ることによって、もしかすると、ゲームだけで食べてゆける人がでてくるかもしれません(あるいは、既に、そういった方がいるのかもしれません。)。


ちなみに、過去には、猫の育成ゲーム(ブロックチェーンゲーム)で、レアな猫が1000万円を超える値段で売買された例もあるようです。もちろん、現実世界の猫ではありません(仮想空間の猫に1000万円以上を出す、というのは、ちょっと信じがたいですが、お金を出してトークンをもらう、という点では、ICOに類似する面もあるので、投資的な側面もあったのかもしれません。)。


ブロックチェーンというと、どうしても、仮想通貨や通貨的な利用(投資や決済手段としての利用)がイメージされがちですが、ゲームのキャラクターのように、全く異なる様々な分野での実践・活用事例が、今後多く登場してくるかもしれませんね。