ソース

プロフィール等にも載せておりますが、私は、長らくコンピュータープログラムを経験しておりまして、ウェブデザインからからアセンブラまで趣味で色々やってきています。

 

なので、たまには、自分の好きな分野について、「ちょっとだけ」マニアックな文章を書いても許されるかなと思い、「訴訟で使えそうな、ソフトウェアソースコードによる簡易な立証方法」についての提案をしてみたいと思います。

 

例えば、ソフトウェアの特許を有するXさんが、この特許を侵害するソフトを開発販売しているYさんに、損害賠償請求することを考えてみましょう。このような場合、どのように特許侵害を立証すればよいでしょうか。

 

一つには、ソフトウェアの動作を見ることが考えられます。実際にソフトウェアを動作させ、その挙動(画面表示や、作成されるファイルなど。)を注意深く見て、特許侵害が分かればそれで決着がつくでしょう。また、そうでなくとも、ソフトウェアの内部を「解析」する方法があります。これは、リバースエンジニアリングなんて呼ばれたりもしますが、ソフトウェアのゼロイチ信号を読み解いたり、動作を分析したりする方法です。しかし、「解析」の手法を取るとしても、「解析」自体が困難な場合も多く、また、やり方によっては法律や契約に違反してしまうこともあります。

 

次に、少し技術的な所を離れて立証することも考えられます。例えば、先の例で言えば、Yの友人の証言で、「Yが、Xの特許を侵害することになるが、かまわずソフトを売ろう!、と言っていました。」なんていう証言が引き出せれば、侵害の立証に役立ちます。ただ、そこまであからさまなケースは実際には無いでしょうし、何より、現物の「ソフトウェア」を離れてソフトウェアの立証を考えることはできるだけ避けたほうが良いと思います。

 

そこで、3つめの方法として、ソースコードによる立証が考えられます。プログラムをやっている人間としては、やはり、ソースコードに基づく立証が一番確実かな、という感覚がします。ただ、「相手方のソフトウェアのソースコード自体、入手なんてできないよ!」という声が聞こえてきそうですが、今回は、交渉や裁判の過程で、相手方から開示されたと仮定しましょう。

続きを読む