我が国では、結婚をしようとする男女は、結婚する意思及び夫婦関係を成立させる意思を持っていれば、婚姻届を役所に提出することで結婚することができます(民法739条)(婚姻適齢、重婚でない等の要件を充たしていることが前提ですが)。

たとえ外国に住んでいたとしても、日本人間であれば、その国の駐在大使、領事等に婚姻届を提出すれば結婚できます(民法741条)。

ただし、日本で結婚する場合は、婚姻届を提出すれば基本的には受理されて、提出日=入籍日となるのが通常だと思いますが、外国で婚姻届を提出する場合は、まずは日本から戸籍謄本を取り寄せてから婚姻届を駐在大使等に提出し、各関係機関を通じてから日本の役所に提出するので、日本の役所に届くまで何ヶ月もかかります。

日本の役所に届いて受理された日が入籍日になるため、自分達で入籍日を決めることができません。

しかし、たとえ海外にいたとしても、日本にいる人に代理人になってもらえば、書類に不備が無ければ婚姻届を受理してもらえるので、民法741の出番は限定的です。

続きを読む